スカルプの健康状態

スカルプの健康状態

むくむ要因は色々考えられますが、気温や気圧など気候による悪影響もあると聞いたことはありませんか。気温が高くなって朝から晩まで汗をかく、この頃にむくむ因子があるのです

頭皮のお手入れの主だった目的とは健康な毛髪を保つことにあります。毛髪の水分が失われて乾燥したり抜け毛が多いなど、多数の人が髪のトラブルを持っています。


美容外科とは、とどのつまり外科学の一種であり、医療中心の形成外科(plastic and reconstructive surgery、plastic…形を作る、reconstructive…復元する)とは別のものだ。加えて、整形外科学と勘違いされがちであるがこれは全く分野が異なっている。

多くの人々が「デトックス」の虜になってしまう大きな理由として思いつくのは、我々日本人が暮らしている環境の悪化だろう。空気や土壌は汚染され、コメや野菜などの食物には作用の強い化学肥料や危険な農薬が多くかかっていると周知されている。


スカルプの健康状態が悪くなる前にしっかりと手入れして、健康的なコンディションをキープするほうが賢明です。状況が悪化してから気にかけたとしても、改善されるまでに時間がかかり、加えてお金も手間もかかってしまいます。


よく美容の雑誌や書籍には、顔が小さくなって肌がきれいになり、ダイエットにも良いし、デトックス効果、免疫力の向上など、リンパ液の流れを良くすれば全てが叶えられる!という華やかな内容のフレーズが踊っている。

歯をきれいに維持するには、歯を1本1本丁寧にブラッシングすることを忘れずに。キメの細かい泡立ちの歯磨き粉とソフトタイプの電動歯ブラシなどで、ゆっくりケアをすることが理想的です。

意識していなくてもPCに集中してしまって、眉間に縦ジワ、その上口角の下がったへの字口(ちなみに私は別名「富士山ぐち」と勝手に名付けました)になっているのではないでしょうか?これはお肌にとって最悪です。


お肌の乾燥の因子である角質の細胞間脂質と皮脂分泌の縮小は、アトピー患者など先天性のものと、逃れようのない老化や洗浄料などによる後天的な要素に縁るものに大別できます。

歯のビューティーケアが重要と感じる女性は確かに多くなっているが、実際にやっているという人はごくわずかだ。その理由で最多なのは、「どうやってケアしたらよいのかよく知らない」という考え。


審美歯科(cosmetic dentistry)とは、美に焦点を当てた総合的な歯科医療分野のひとつ。歯の持つ働きには物を噛み潰すなど機能的な側面と、審美面があり、両方健康に関係するとても重要な要素であろう。

尿素水とグリセリン(glycerine)にヒアルロン酸を混ぜた美肌水はお肌に優しく、ドライ肌の方におすすめの化粧水です。防腐剤や香料などを混ぜていないため、お肌の敏感な人でもご使用いただけるのが特長です。

なおかつ、皮膚の弛みに大きく関わっているのが表情筋。様々な表情を生む顔の筋肉のことです。コラーゲンと同じく、この表情筋の力も歳を取るに従い衰えるのです。


例えば…今、パソコンを眺めながら頬杖をついてはいませんか?実はこの体勢は手の圧力を思いっきりほっぺたへ当てて、肌に対して余計な負荷をかけることにつながっています。

内臓の元気の度合いを数値で測ってくれるありがたい機械があります。『ノイロメーター』と名付けられた医療機器で、自律神経のコンディションを調べて、内臓のトラブルを把握することができるということです。